決めるを決める

「自分のやりたいようにやるなら独立しろ」

10年前、独立時に背中を押してくれた先輩の言葉だ。

リクルートを離れて3社、ベンチャーを経験した。

「独立起業をするのがかっこいい」的な空気が
当時のリクルートにはあり、自分の無意識化にも常に
「いつか独立しなければ」という焦りに近いようなものを持っていた。

ベンチャー企業を辞め、生きあぐねていたとき、先輩から言われた言葉。

「 “自分の好きなことをやろう” と思って独立するなら間違うからやめろ。
なぜなら、自分の好きなことは世間のニーズとは必ずしも一致しないから。
でも “自分のやりたいようにやる” のであれば独立しろ」

その言葉に妙に納得し、
あてもないながらスタートを決めた。

続きを読む

『笑う門には・・・ 』

日経新聞を読んでいたら、「笑う門には健康来る」という記事があった。

 

成人女性の1日の笑顔の回数は13回。
一方、子供の笑顔は1日約400回。

「笑う頻度は性差と年齢で異なる」のだそうだ。
年齢があがるにつれ男女とも笑う回数は減り、
40代以上の男性の5人に一人が週に1回も声を出して笑っていない、
という調査結果もあるとのこと。

続きを読む

あせらず、たゆまず、あきらめず

研修が続いた年始。
改めて小さな一歩の大切さを学ぶ。

夏のリーダー研修。
早朝からの仕事現場。
正社員、契約社員、パート従業員。
経験者、未経験者、熟達者、これからの人。
まさに多種多様な方が仕事をする職場。
悩みの多くは、人間関係だ。

お互い同士のアドバイスとともに、
コミュニケーションの考え方とスキルを学習する。
褒められない、叱れない。
会話が少ない、指示をしてもやってくれない。
四苦八苦のリーダーたちだが、様々な思いで
「これは半年続けよう!」と目標を決めた。

続きを読む

叱ってくれる人はいますか?

今年は、部下育成をテーマにしたコミュニケーション研修が多かった。
その中でも「褒める・叱る」は、永遠のテーマだ。

 

気持ちが動く分だけ、相手の受けとめ方を慮るだけではなく、
自分の気持ちの処し方にも戸惑いがでる。

この頃は特に、「叱る」に課題感を持つ人が多い。

続きを読む

本が語る「今」

大学同期・新年会の幹事を仰せつかった。
余興という余興も思いつかないので、
「渾身の1冊」を持ち寄る企画を考えた。

 

最近読んだ本で、お勧めの1冊を持ち寄り
くじ引きで、いずれかの本が当たる。

卒業ほぼ30年、集まった人間もほぼ30人。
最近のベストセラーが並ぶかと思ったが、さにあらず。

続きを読む