ホームページをリニューアルしました。

2017101日。
おかげ様で、元気に10期をスタートしました。

 

 

同時に、ホームページをリニューアルいたしました。

シンプルな骨格、プラス、発信しやすい仕組みをと、
ブログを中心にした構成にしてみました。

新しいチャレンジの機会をいただくことも多く、
また、その中での気づきなど、皆さまに役立ちそうな話題を
タイムリーに発信していこうと思っています。

 

変化の時代だからこそ、「笑って仕事をする」。

ご一緒に、新たなチャレンジをスタートしませんか。

 

今年も”ランドセル”を寄贈しました!

今年も養護施設へランドセルをお届けしました!
男の子1人と女の子1人のふたり分です。

 

「働くことがかっこいい。
           そんな世の中の力になりたい」

 

 

弊社の理念の根底にある
「働く人の背中はかっこいい」ということから、
「背中」つながりでスタートしたランドセルの寄贈。

 

今回のランドセルを背負う子供たちが成人するのは、2030年!

2030年は、どんな世の中になっているのでしょう。

いろいろな技術が展開され、生活スタイルや仕事の仕方も
大きく変わっているかもしれませんね。

 

とはいえ、

「元気で笑顔いっぱいに過ごしてほしい!」という想いは、
2016年でも2030年でも変わりはありません。

このランドセルが新一年生の背中で役に立ってくれますように。

そして働く大人たちの背中が、さらにかっこよくなりますように。

 

 

今年も“ランドセル”を寄贈しました !

「働くことがかっこいい。そんな世の中の力になりたい。」

今年も、2016年度新一年生2人にランドセルを寄贈しました。

 

いろいろな色があり、迷いに迷って・・・
ほんのりピンクがかった
落ち着いた赤のランドセルにしました。

 

寄贈先は、昨年同様に、
東京都青梅市にある児童養護施設です。

現在、定員いっぱいとのことです。
乳幼児も多く居るので、職員のみなさんはハラハラドキドキの毎日とのことです。

 

最近は、大手企業が企業色を活かした形で
支援に取り組まれているとうかがいました。

自分たちの会社は子供たちになにができるか?
どんな大人になってほしいのか?など、
多くの想いが詰め込まれた支援のお話には、胸が熱くなりました。

このような支援の輪が広がることを願いつつ、

十数年後・・・
このふたりの女の子が、イキイキと活躍できる社会であるよう、
今、私たちができることに尽力したい! と想いを新たにしました。

 

 

新一年生に“ランドセル”を寄贈しました

「働くことがかっこいい。そんな世の中の力になりたい。」

 

企画第1弾として
2015年度新一年生にランドセルを2つ寄贈しました。

東京都青梅市にあるこちらの児童養護施設では、
2歳~18歳までの子供たちが生活しているそうです。

いろいろな想いを胸に抱きながら、
元気にそして強くなっていく子供たち。

「働く大人のかっこいい背中」をみながら社会に出て、
自らも輝ける大人になってもらいたい、という願いを込め、
「背中」つながりのランドセルです(^^)。

 

彼らの成長を、応援し続けたいと思っております。